ルテインを摂取する時の注意点とは

標準

ルテインとは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。ほうれん草に特に多く含まれ、その他にかぼちゃ、ブロッコリー、とうもろこしなどの緑黄色植野菜、グレープフルーツ、キウイ、梨などのフルーツにも含まれています。ルテインはもともと人間の眼の中に存在する成分です。目は日常生活の中で紫外線を浴びることでダメージを受けています。また近年ではパソコンやスマートフォン、ゲームから発せられるブルーライトも目に影響を与えているのです。紫外線やブルーライトを浴びることで、目には活性酸素が発生します。特にブルーライトは目の細胞に大きなダメージを与えると言われています。これらの有害な光から目を守り、活性酸素を取り除き、活性酸素の発生を防ぐのがルテインなのです。ルテインは基本的には、緑黄色野菜などの色の濃い野菜やフルーツに含まれています。しかし食材から一日に必要な量を摂取しようとすると、人参でいえば13本も食べなくてはなりません。そのため摂取できる分は食事から摂取し、足りない分はサプリメントなどで補うとよいでしょう。
こちらのサイトではルテインのサプリに関して詳しく書かれています。
http://www.ルテインサプリ効果解説.jp/

ルテインを摂取する時の注意点としては、まずその性質にあります。ルテインは水に溶けにくく、体に吸収されにくい性質があります。そのため一日に必要な摂取量よりも、多めに摂取しなければ必要量をとることはできません。体に吸収されない分も考えて摂取するようにしましょう。そして調理の際の注意点です。ルテインは油に溶けやすいという性質もあるので、油と一緒に摂取することで体に吸収されやすくなります。ドレッシングをかけて食べたり、炒めて食べると吸収率があがります。

そしてルテインをサプリメントで摂取する時の注意点としては、他の有効成分が入っているかどうか確認しましょう。ルテインの効果はルテインだけでは十分に発揮されません。どんな栄養成分にもいえることですが、他の成分と合わさることで相乗効果が生まれ、より多くの効果を発揮することになるのです。ルテインを効果的に目に届けるためには、ゼアキサンチンやビルベリーが必要になります。しかし市販のサプリメントには、このような成分が配合されていないものもあるので、しっかりと確認するようにしましょう。そして市販のサプリメントには、もともと人間の胎内に存在するルテインとほぼ同じ成分と、これに脂肪酸が配合されたものがあります。脂肪酸が配合されているものの方が優位性が高いと言われているので、こちらを選ぶようにしましょう。

60代以上の人は1日どのくらいのルテインを摂取すれば良い?

標準

60代以上になると、目を酸化から守る働きをするルテインの量が減っていきます。水晶体や網膜に蓄積されて目を酸化から保護しているのですが、減少するとそれができなくなって目が酸化されてドライアイになったり、目が疲れやすくなったり、白内障や加齢性黄斑といった病気のリスクも高まっていきます。

40代〜50代からルテインは徐々に減ってきますが、60代ではそれ以上に減少しているので注意が必要です。ルテインは体内にありますが、加齢とともに減っていくので、減った分は体外から摂取して補うようにしましょう。

60代でどれくらいの摂取量が必要かというと、推奨量よりもやや多くが正解です。推奨量はだいたい1日10mgを他のビタミン類と一緒に摂取するのが望ましいとされていますが、60代になったら予防のために1日20mgを摂取するように心がけましょう。

本来は6〜10mgあれば足りるのですが、年を取ってくると目の病気のリスクが高くなりますし、ルテインの量が若い頃に比べて2分の1〜3分の1くらいに減少してしまうので、推奨量より多めに摂取しておいたほうが安心です。

眼病がある人は1日20mgのルテイン摂取が望ましいですが、食材にするとほうれん草で4株以上、ニンジン10本以上、といった感じで、毎日食べるのはかなり大変です。
ほうれん草とブロッコリーはルテインの含有量が多いのですが、こればかり毎日食べるのも大変でしょう。

なので、これを補うためにはサプリメントを利用したほうがいいです。ルテインだけではなく、網膜にセットになって存在しているゼアキサンチンという成分も入っていると効果が高いです。どちらも天然のサングラスと呼ばれるほど目を紫外線やブルーライトから保護する効果が高い成分です。

サプリメントだと、ルテインと一緒に摂取することが勧められているビタミンやミネラルなども配合されているので、不足なく補うことができるでしょう。

サプリメントを選ぶときには、ルテインとゼアキサンチンが体に吸収されやすいものかどうかに気をつけるようにしましょう。純粋な形だと吸収されやすいですが、エステル体という脂肪酸がルテインにくっついたものは吸収されにくいです。
安いサプリメントだと、石油系のルテインが使われているため、体に入っても表記されているほどの含有量が吸収できない可能性があります。

純粋で吸収率が高いサプリメントを使えば、1日の目標量の20mgを達成できるでしょう。

50代の人は1日どのくらいのルテインを摂取すれば良い?

標準

ルテインには紫外線などの外部の刺激から目の網膜を保護するはたらきがあります。
網膜は目の一番奥にある組織です。

目の中に入ってきた光りを脳へ送るときに電気信号にかえる変換機としての大事な役割を持っています。
目で何かを見るという行為は、光りのダメージを常に受けている状態であるとも言え、網膜にはかなり負担がかかっているということになります。
とくに強い光りである紫外線などは網膜にとってもっとも有害な光りであるのです。

紫外線によって網膜がダメージを必要以上に受けないようにするためにはルテインが必要なのです。
その他には白内障の予防、眼精疲労の予防、目の健康維持などに効果があります。
抗酸化成分であるため、目の健康を維持するためには不足しないように摂取したい成分のひとつになります。
ルテインを含んでいる食材ですが、ケールやほうれん草などに多く含まれています。
ルテインを効率的に摂取するには、サプリメントでの摂取方法をおすすめします。

しかし摂取量を守らずにルテインを摂取することはおすすめしません。
50代は目の機能が老化によって低下しやすい年代であると言えます。
視力などに自信のある人でも50代に差し掛かったら、ルテインを意識的に摂取していくことをおすすめします。
50代のルテインの1日の摂取量の目安ですが、予防効果を目的とするのなら6ミリグラムから12ミリグラム程度、目病対策であれば20ミリグラムが必要です。

目病対策とは、加齢黄斑変性症の疑いを眼科で指摘された場合や、眼科に通院中の状態である人のことを指します。
医師と相談の上に摂取量を決める必要があることには注意しましょう。
予防目的であれば50代は1日に6ミリグラムから12ミリグラムを取るように意識しましょう。
ケールならば27グラム程度、ほうれん草なら60グラム程度でそれに達します。
しかし毎日それらを食べ続けるのも大変なので、上手にサプリメントを利用したいところです。

さらにルテインは摂取量もさることながら、吸収量も考えなければなりません。
ルテインは脂溶性であるため、効果的に体内に吸収させるには脂質を含む食事の前後が有効であるといえます。
吸収されやすいタイミングは、食後と睡眠中です。
これらを意識すると、晩御飯のあとにサプリメントを摂取するのが一番効率的に吸収できるタイミングであると言えます。
また目に届けるためには血液の流れが正常であることが大前提です。

40代の人は1日どのくらいのルテインを摂取すれば良い?

標準

“40代ともなると色々な体の部位に、支障を感じる事が増えてきます。
特に目は違和感や支障を感じやすい部位です。
年齢を重ねると物が見づらくなる、疲れ目がなかなか治らないといった症状を、40代以降になると感じやすくなります。
これだけだと、ただ単に目を使い過ぎた、歳のせいで片づけてしまいがちですが、場合によっては白内障や失明の危険性もある緑内障、加齢黄斑変性症を引き起こしてしまうかもしれません。
ですので、40代に入ったら目の健康や若さをキープする為、意識的にケアする事が大切です。

目のケアには色々な方法がありますが、特に効果的と言われているのが「ルテイン」を補うという方法です。
ルテインは元々、人間の体に存在している成分ですが加齢と共にその量は減少してしまいます。
そして体の中で作る事が出来ない成分でもあるのです。

ルテインが減少してしまうと眼球内にある硝子体という部分が、活性酸素などによってダメージを受けやすくなります。
ダメージを負ってしまうと硝子体が濁り、物が見にくい、目が疲れるといいった症状を感じやすくなるのです。
また、活性酸素によって白内障は進むとも言われています。

ルテインはとても抗酸化作用の高い成分ですので補う事で、増えすぎた活性酸素を除去し硝子体が濁ってしまうのを、予防する働きが期待出来ます。
これらの症状だけでなくルテインは加齢によって発症しやすくなる、緑内障や加齢黄斑膜変性症の対策にも効果的と考えられています。
これらの病気は徐々に進行していくので、症状に気づく前からしっかり対策しておくと予防する効果がアップします。

また40代、特に45歳以降になると色のコントラストが、分かり難くなってしまうようです。
何となく物がぼんやりとして見える、色が薄く見えるという場合、ルテイン不足によってコントラストの調節が上手く行われていないかもしれません。
コントラストの感度が悪くなると重度の場合、信号機の色を見極める事も難しくなってしまうようです。

しっかり物の色を認識する力を維持する為にも、ルテインは意識して補いたい成分となっています。
ただ、目の健康を守る為、1日にどのくらいのルテインを摂れば良いのか分からないという方も多いでしょう。
40代でまだ目の不具合や病気が出ていない場合は、1日に6mgから10mg程度を摂取の目安とするのが一般的です。
この摂取量を毎日食事から補うのは難しい為、食べ物からだけでなくサプリメントも補助的に使う事をおすすめします。”

30代の人は1日どのくらいのルテインを摂取すれば良い?

標準

“ルテインはもともと人間の体に含まれていますが、体内でつくられる量は年齢とともに減っていきます。
大きく減少し始めるのは40〜50代で、70代になると20代のときの3分の1ほどにまで減ってしまいます。30代で著しく減少するわけではないものの、30代はパソコン仕事などで目を酷使する機会が多い年代なので、毎日の食事やサプリメントなどで補ってあげたほうがいいです。
ルテインは体内で合成されませんし、脂溶性なのでお湯に溶け出てしまいます。

30代であれば、通常目に良いとされている摂取量の10mgかそれより少し多いくらいが適切な量です。摂取するには、ほうれん草などの緑黄色野菜をサラダ油やバターなどの脂質成分を使って調理するのがベターです。生野菜より調理したほうが量が減ってたくさん食べることができますし、吸収率もアップします。脂溶性でも油に溶け出たルテインを一緒に食べることができるので、成分を無駄にせずに摂取することができます。
ただ、食べ物からだけ摂ろうとすると、10mg摂取するにはほうれん草だと4株以上、にんじんなら21本ほど食べなければいけません。これだと大変なので、サプリメントなどを使って効率よく摂取するようにしたほうがいいです。

ルテインはもともと人間の体にあり、安全性が高い成分ですが、サプリメントを使う場合には妊娠中の人や薬を飲んでいる人は医師に相談してからにしましょう。
過剰摂取は腹痛や便秘、吐き気や胸焼けの原因になることもあります。もし副作用が出てしまったら、いったんサプリメントの使用を中止して様子を見るようにしましょう。

ルテインは目の疾病に効果的な成分で、紫外線や加齢の影響で起こる白内障や黄斑変性などの目のトラブルを予防してくれます。
黄斑変性は70歳以上の人に多い病気でしたが、最近ではパソコンやスマートフォンなどのブルーライトによる目への刺激で若い人にも患者が増えています。

アメリカでは医師の84%が黄斑変性の患者に食事によるルテインの摂取を勧めているとも言われており、目にとって重要な栄養素であることがわかります。
30代は20代のときのツケが回ってきて、体全体の不調が目立ってくる時期です。今まではなんとか持ちこたえていた目の機能が衰えてくる可能性があるので、ルテインで目を守るようにしましょう。

食事だけで補えない分は、サプリメントを活用して摂取してあげれば1日に必要な10mgの摂取量を維持しやすいです。”

紫外線を浴びることの多い人は1日どのくらいのルテインを摂るべき?

標準

営業職など外出する機会の多い仕事の方や、マラソンなど趣味で良く外に出かけるという方は紫外線に注意する必要があります。
紫外線といえばシミやたるみなど肌にダメージを与えるというイメージが強いですが、実は目にも大きな悪影響を与える事が分かっているのです。
紫外線を目に浴び続けると活性酸素という、酸化作用がとても強い酸素がどんどん作られます。

活性酸素は体の中に侵入してきた細菌などを除去したり、細胞を守る働きをするもので人間の健康を維持する為には無くてはならないものです。
ですが、増え過ぎてしまうとその強い酸化作用によって、体に悪影響を与えてしまいます。
外出する機会が多く紫外線を浴びる事が多い方の場合、眼球の中にある硝子体などに多くの活性酸素が作られます。

硝子体の活性酸素量が増加するとダメージを受け、硝子体が濁るなどの症状が現れるのです。
このような状態がどんどん進むと、やがて白内障になってしまいます。

外に長時間いる事が多いという方は、意識して目の健康を守るケアを行う事が大切です。
ですが、目の健康を守るといっても触ったりする事の出来ない眼球を、どのようにケアすれば良いのか分からないという方が多いでしょう。
近年、目の健康維持効果が高いと、注目を集める成分があります。

その成分とは「ルテイン」です。
ルテインはホウレンソウやカボチャ、ニンジンといった緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの1種です。
優れた抗酸化作用があり、増え過ぎた活性酸素を除去する働きを持っています。
紫外線を浴びる機会が多いという方は、活性酸素対策としてルテインを補うケアを行ってみましょう。
ただ、どのくらいの摂取量が必要か気になる所です。

活性酸素対策としてルテインを補う場合、1日に6mg程度を摂る事をおすすめします。
緑黄色野菜に含まれている成分ですので、食事からルテインを摂ろうと思っている方もいるかもしれません。

ただ、食べ物からだけで毎日必要なルテインの量を、補い続けるのは難しいと言われています。
ルテインの含有量が多いホウレンソウでも、1日に必要な摂取量を補おうとすると、サラダボウル5杯分を食べなければいけません。
この量を毎日摂り続けるのは、ほぼ不可能と言っても良いでしょう。
ですので、ルテインは食事からだけでなく、サプリメントなど健康食品も組み合わせ、効率的に補う方法がおすすめです。
サプリメントであれば外出が多い方も、出かけ先で手軽に補えるメリットがあります。

PC作業が多い人は1日どのくらいのルテインを摂れば良い?

標準

PC作業をする人は多く、パソコンを使うプログラマーや事務員などは特に目の疲れや肩こりに悩まされることが多いですね。
このようなPC作業が多い人の場合、ルテインの一日あたりの摂取量はどのくらいがいいのでしょうか。

実はPC作業をする人の場合、ルテインを摂取することによって体の調子が改善される可能性もあります。
このため、ある程度の量は必要です。ただ、残念なことに必ずこの量を飲めば効果が出る、改善されると確約があるわけではありません。日本ではあまりこのルテインという成分での目元の疲れをとったり改善するという効果は注目されつつあるのですが、適切な量というのは明確ではないのです。

では海外ではどうかというと、アメリカの農務省はルテインの効果が出るのは一日あたり4mgから7mg取るといいとされています。
これはルテインを1日あたり7mgほど取ることで健康に良い効果が出るというものです。
ただし、これはアメリカの例です。日本人の場合は少し体が小さいことから、7mgほどでいいのかという議論がなされています。
また、アメリカの場合は20mgから40mgほど取らないと効果が出ないという意見もあります。こちらはルテインの目元の疲れを取る効果を考えると、普段から消費されている目元の色素やブルーライトによって負担をかけるということまで計算した上の数値となっています。とは言え、20mgから40mgというとかなり幅が広く、どのくらい取ったらいいのか不明瞭だというデメリットもありますよね。

日本の場合は厳密な量などの案内がないため、必ずこの量を取ればいいという話はありません。
ただし、PC作業をする人で目元に負担をかけがちな人の場合は、一般的な量よりも多い摂取量が必要になるという考えがあります。
このため、大体10mgから15mgほどの量を試すのがいいのではないか、という意見もあるくらいなのです。

実際には、PC作業の量や、ルテインの効果を実感するまでの期間、ルテインの効果のでやすさなどは人によって違いがあります。
このため、確実にこの量をとると効果があるとは言い難いのが現状です。
あえて目安を出すのならば、目安としては10mg前後がいいのではないかともいわれています。日本の場合は大量に良いルテインを含んだサプリメントが手軽に手に入る環境が整っています。ですので、色々なサプリメントの中からより効率よく摂取できるものを探すといいでしょう。

緑内障・白内障のリスク軽減のためにルテインを摂取する場合の1日必要量

標準

近年では緑内障や白内障の改善にルテインの効果を認める眼科医が増えてきました。ルテインとは天然色素であるカロテノイドの一種です。人間の体には肝臓や肺、大腸、皮膚など人体の至るところに存在し、各細胞を保護する働きを担っています。カロテノイドのひとつであるルテインは、主に目の水晶体の部分に多く存在し、強い抗酸化作用を持っています。水晶体に存在しているカロテノイドはルテインとゼアキサンチンのみで、この二つの成分が目の健康を維持しているということです。

目は外気にさらされている部分です。そのため紫外線やパソコン、スマートフォンの青い光の刺激を直接受け、活性酸素が発生しやすい状況となってしまいます。そのため目は酸化による疾病が多い部位であるともいえます。目の疾病には緑内障など様々な疾病が考えられますが、目の酸化によって起きる代表的な目の疾病として、まず白内障があげられます。白内障は水晶体が活性酸素によって白く濁り、徐々に見えにくくなる病気です。白内障は目の老化現象とも呼ばれる病気で、加齢によりこの病気にかかる確率はあがり、80歳代ではほぼ100パーセントの人に症状があらわれると言われています。そして加齢黄斑変性症もあげられます。これは黄斑部が加齢により変性し、ゆがみが起こったり視野が狭くなる病気です。放置することで失明する危険性もあります。

これらの疾病を予防、改善するにも有効な成分がルテインです。ルテインを多く含む食品としては、緑黄色野菜やフルーツがあげられます。その中でも特にほうれん草やケールはルテインの含有量が高いとされています。しかしルテインを摂取したとしても、目にまで運ばれなければ効果はありません。ルテインを効率よく摂取する方法を知っておくとよいでしょう。

緑内障や白内障の予防のために、一日に摂取しておきたいルテインの量としては一日に6ミリグラムとされています。しかしすでに目の疾病を患っていたり、高齢の人は一日に10ミリグラムから15ミリグラムは摂取しておきたいところです。摂取したルテインのうち、全てが作用するわけではありません。腸で吸収された栄養が目に運ばれるまでに、何割かは失われてしまうのです。白内障には、ルテインとアントシアニンが有効です。アントシアニンを豊富に含む食品がブルーベリーです。もしもサプリメントで摂取する場合には、アントシアニンも配合されたサプリメントを選ぶと、より大きな効果を得られるでしょう。

飛蚊症の症状軽減のためにルテインを摂取する場合の1日必要量

標準

飛蚊症とは目の中の硝子体が何らかの原因によって症状軽減が難しくなるほどに司会の変化をもたらしてしまう病気のことを指しますが、現代社会に入ってパソコンと画面の利用率が爆発的に増えたことによってルテインの存在意義と飛蚊症の恐ろしさが再確認されつつあるとともに、飛蚊症の認知度も高くなっています。これは目の病気を広めるきっかけにはなるのですが、知っているからと言って予防しているかどうかは全く別問題です。ルテインの摂取目安量そのものすら知らないまま日々を過ごしているとなると、もうほとんど意識していないことと同然になります。

製品によってルテインの含有率が違っていることがさほどなので、自分で数値を具体的に把握する必要があるのですが、調べるのが面倒だという場合は20MGから40MGが妥当であるという最低限の認識を持っていれば、あとは間隔で目分量を調節するのみです。ルテインにもさまざまな種類があり最近では新たなものから採取できるようになってきているのが常ですから、科学の進歩に身をゆだねてもいいのではないかとの考えも決して間違ってはいません。ただし目の健康はルテイン摂取で決定的に変わることは絶対にありえないので、目の勉強を指定場合は栄養面だけに留まらず遺伝の方面からなどの新たな側面からの研究に力を入れてみると自分の新しい発見につながります。

ルテインが含まれているというだけで十分に広告の材料になりますから、その機会に送料無料や割引などがされていたらその際にどのような効果があったかの声を見てみるものいいですし、吸収率などの重要な面も見逃せないので症状軽減を考えている人は栄養素の比率なども考慮に入れておくとバランスが良くなります。

年代を問わず突然発症するのがこの周囲の病気であり、改めて治療をする方法が見つかっていないのであらかじめ危機感を持っておくことが予防意識につながります。なので飛蚊症のことがよくわからないといった場合は悪化のケースも考えて、画像やルテインとの関連性などで一緒に考えることでわかりやすく理解できます。ルテインの成分も分派させれば様々に目の病気などに適切に対応してくれますが、同時に目の病気の種類も本当に多く存在します。目の病気自体はいつ誰にでも起こりうるものだという大前提をしっかり我々が勉強しなければなりませんし、現在進行形で人々を日常面で脅かす存在であることも同時に学習しましょう。

飛蚊症予防としてルテインを摂取する場合の1日必要量

標準

普段からパソコンやスマートフォンなどをよく使っており、目が疲れていると感じていませんか。また、加齢とともに目の状態が気になっている人もいるでしょう。いつまでも目を健康的に保つためにも、ルテインのサプリメントを飲んでみませんか。ルテインには、飛蚊症を予防する効果が期待されています。視界に黒いゴミが浮かんで見える症状である飛蚊症にも良いと言われています。まだ、視界に黒いゴミが浮かんではいないという人も、早めにルテインサプリメントを飲んでおいたほうが良いかもしれません。視界に黒いゴミが浮かんで見えるととても不快な思いをするからです。

すでに飛蚊症を発症している場合は、1日にだいたい12~15mg程度摂取すると良いと言われています。しかし、まだ症状が出ているわけではない場合は、ここまで大量に摂取する必要はありません。あくまでも予防のためにルテインサプリメントを飲むということであれば、1日にだいたい6mg程度摂取するだけで十分です。この量を毎日飲み続けていけば、視界に黒いゴミが浮かんで見えなくて済むのではないでしょうか。

日本では特に推奨している量が定められているというわけではありません。上記の数値は、アメリカの実験によって導かれた数値です。1日当たり6mg摂取し続けるとはいえ、食事だけで摂取しようと思ったら、かなり食事が偏ってしまいます。だから、サプリメントでの摂取をおすすめしています。

しかし、ルテインは脂溶性なので、水に溶けにくい性質です。1日に6mg摂取したとしても、体内には吸収されにくいので、吸収されない分が体外へ排出してしまうこともあります。なので、吸収されない分を考えて1日10mg程度摂取したほうが良いという意見もあるほどです。

食事から摂取しようと思ったら、ルテインがたっぷり含まれているケールやホウレン草を油と一緒に摂取するようにしたほうが良いです。ただ、やはり大量に摂取しないと推奨されている量には届かないので、サプリメントを飲んでみてください。

サプリメントの場合は、体内に吸収されやすいように加工してありますから、ルテインを余すことなく摂取できるかもしれません。パッケージにどれくらいルテインが入っているのかを確かめて、1日6mgを目安に飲み続けてみてください。そうすると、スマートフォンやパソコンを使って目を酷使していてもなかなか飛蚊症を発症しなくて済むかもしれません予防のためにも早めに始めましょう。